Home > Tags > 中高一貫科

中高一貫科

平成30年度 修学旅行<普通科・中高一貫科:高2> PHOTOギャラリー

1月16日(水)〜19日(土)に行われた普通科・中高一貫科2年生の修学旅行の写真をまとめてお届けします。

1月16日(水) 修学旅行<第1日目>

出発


浅草散策!


ホテルにて

夕食


室長会議



1月17日(木) 修学旅行<第2日目>

朝食


東京大学 模擬授業&ランチ


各班キャリア研修<企業訪問>

DeNA


読売新聞


講談社


東京証券取引所


天真堂


ソニー


花王


日本テレビ


防衛省



1月18日(金) 修学旅行<第3日目>

東京ディズニーランド



1月19日(土) 修学旅行<第4日目>

皇居散策


福岡に向けて



平成30年度 修学旅行 記事一覧

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成30年度 修学旅行<第4日目>

1月16日(水)から高校2年生は、3泊4日の修学旅行に出かけています。
今年度から修学旅行は、東京で東京大学の模擬授業や企業訪問などキャリア研修を行います。

修学旅行第4日目(最終日)の写真が引率の先生から届きましたので紹介します。

1月19日(金) 修学旅行<第4日目>

修学旅行第4日目楽しい修学旅行も最終日です。
修学旅行第4日目は、皇居を散策し、福岡に向けて帰ってきます。

皇居散策


福岡に向けて



東京大学での模擬授業、企業訪問、ディズニーランド、ホテル滞在、楽しい思い出と貴重な体験ができ、実り多い修学旅行になったことと思います。
また、友達との絆も深まったのではないでしょうか。
これらの体験や経験を今後の学園生活などに生かしていって下さい。

平成30年度 修学旅行 記事一覧


  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成30年度 修学旅行<第3日目>

1月16日(水)から高校2年生は、3泊4日の修学旅行に出かけています。
今年度から修学旅行は、東京で東京大学の模擬授業や企業訪問などキャリア研修を行います。

修学旅行第3日目の写真が引率の先生から届きましたので紹介します。

1月18日(金) 修学旅行<第3日目>

修学旅行第3日目は、みんなが楽しみにしていた東京ディズニーランド。
楽しい思い出がたくさんできたのではないでしょうか。

東京ディズニーランド




平成30年度 修学旅行 記事一覧

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成30年度 修学旅行<第2日目>

1月16日(水)から高校2年生は、3泊4日の修学旅行に出かけています。
今年度から修学旅行は、東京で東京大学の模擬授業や企業訪問などキャリア研修を行います。

修学旅行第2日目の写真が引率の先生から届きましたので紹介します。

1月17日(木) 修学旅行<第2日目>

修学旅行第2日目は、午前中は東京大学で模擬授業&ランチ、午後から各班に分かれてキャリア研修<企業訪問>です。
貴重な体験ができた研修になったようです。

朝食


東京大学 模擬授業&ランチ


各班キャリア研修<企業訪問>

DeNA


読売新聞


講談社


東京証券取引所


天真堂


ソニー


花王


日本テレビ


防衛省



平成30年度 修学旅行 記事一覧

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成30年度 修学旅行<第1日目>

1月16日(水)から高校2年生は、3泊4日の修学旅行に出かけています。
今年度から修学旅行は、東京で東京大学の模擬授業や企業訪問などキャリア研修を行います。

引率の先生から写真が届きましたので紹介します。

1月16日(水) 修学旅行<第1日目>

東京に向けて出発です!


浅草散策!


ホテル到着・夕食


室長会議




平成30年度 修学旅行 記事一覧

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成30年度 修学旅行結団式<高校2年生>

今日1月15日(火)の4時限目に高校2年生(中高一貫科・普通科)は、明日1月16日(水)からの修学旅行の結団式が体育館で行われました。

昨年までは、長野県へスキー研修でしたが、今年から東京でキャリア研修として東京大学での模擬授業や企業訪問などの研修を行う修学旅行になりました。
 

結団式では、普通科2年2組の平城 遼くんが生徒代表として

これから僕たち修学旅行団は、東京都へ行き、東京大学見学や各班での職業体験、東京散策などを行い様々なことを感じ筑陽学園の生徒としての自覚を持ち、自分自身で行動する力を学び、そして、持ち帰ったものをこれからの受験等に生かすことを誓います。

と挨拶しました。


そして、副校長先生より

今年から、スキー修学旅行から東京への修学旅行に変わりました。
東京への修学旅行初年度ということで、皆さんにとって実りの多い修学旅行にして頂きたいと思います。
昨年から、学年主任の宮崎先生を中心に先生方が多くの時間を費やして、この修学旅行の準備に当たらてきていました。
皆さんには、高い意識を持って、この修学旅行の各研修等に取組んで頂きたいと思います。
また、皆さんが修学旅行期間中に、加害者にも、被害者にも、ならないことを強く願っています。
このような機会を企画してくださった2学年の先生方にしっかり感謝して、この修学旅行を成長のチャンスに変えてもらいたいと思います。
最後に、19日に全員が健康で、そして、成長するキッカケを掴んで帰ってくることを願っています。

とお話がありました。


結団式に引き続き、修学旅行団長の教頭先生より修学旅行における心構え等のお話がありました。

そして、学年主任の宮崎先生から旅行会社添乗員の方、カメラマンの紹介がありました。

続いて、生徒会長の魚谷くんから緊急連絡用に許可されている携帯電話について、再度、ルールを守るようにということに加え、

今後の学校生活や後輩たちのためにも、今回の修学旅行でルールを守り、思い出に残るものにしましょう。

生徒たちに呼びかけました。


さらに各先生方から明日の集合やその他、諸注意についてお話がありました。

修学旅行は高校生活の中で最も想い出に残る学校行事だと思います。
また、各研修等で、刺激を受け成長する機会になると思います。
体調に気をつけ、ルールを守って、楽しく充実した修学旅行にして下さい。





平成30年度 修学旅行 記事一覧

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成30年度 英語ディベートコンテスト<中高一貫科高校1年生>

12月11日(火)と13日(木)に2日にわたって、中高一貫科高校1年生による英語ディベートコンテストが行われました。

筑陽学園の中高一貫科では、英語教育の一環として、様々な英語行事を行っています。
この英語ディベートコンテストは、中高一貫高校1年生が取組む英語行事で、コミュニケーション能力と総合的な英語力の向上を目的として行っています。

今年はA組は『 Article 9 of the Constitution should be changed. (憲法第9条は変更すべきである。)』という論題で、B組は『 Schools in Japan should use tablets instead of textbooks. (日本の学校は教科書の代わりにタブレットを使うべきである。)』という論題で英語ディベートコンテストが行われました。

英語ディベートコンテストの概要

【A組の論題】
『 Article 9 of the Constitution should be changed.
(憲法第9条は変更すべきである。)』

【B組の論題】
『 Schools in Japan should use tablets instead of textbooks.
(日本の学校は教科書の代わりにタブレットを使うべきである。)』


【対戦方法】

A組・B組で、それぞれ優勝を決定します。

各チームはA組は4人~5人、B組は、6人〜7人で構成し対戦の組み合わせは事前に抽選で決定する。
対戦は1ラウンド18分とし、対戦形式は次のとおりです。


【対戦形式】

  • (Yes側の) 立論 Constructive Speech 2分
  • (No 側の) 反駁 Rebuttal (Attack) 2分
  • (No 側の) 立論 Constructive Speech 2分
  • (Yes側の) 反駁 Rebuttal (Attack) 2分
  • 作戦タイム 5分
  • Free battle 3分
  • Refrection time(まとめ) 2分

【審査】

次の項目に視点をおいて審査が行われます。

  • 分析:トピックスに対する分析が優れていたか。
  • わかりやすさ:相手にとって理解しやすい表現であったか。
  • 攻撃:相手の議論に対して有効な質問、又は反駁をしたか。
  • 話術:説得ある話し方、まとめ方、説明をしたか。
  • 首尾一貫性:攻撃を受けても、話のかみ合う議論をする余裕があり、かつ自説に首尾一貫性を持たせられたか。

チームの紹介

中高一貫科1年A組

  • Rode of the quintet
  • Ex-Ando
  • 百花繚乱
  • Namakedake
  • Acropolis
  • 六尾川大吉

中高一貫科1年B組

  • Bisco
  • Team Eyebrow Antlers
  • Awkward Corps
  • Blue Bird
  • Team Pixar
  • Woody’s

A組、B組とも6チームでディベートコンテストが行われました。
審査は、英語科の教員と外国語指導助手のネイティブの先生および生徒で審査され、ジャッジの多いチームが勝利となります。


12月11日(火) 予選

12月11日(火)は、予選が行われA組は、「百花繚乱」「Namakedake」「Ex-Ando」「Acropolis」が準決勝に駒を進めました。
B組は「Bisco」「Blue Bird」「Team Eyebrow Antlers」「Team Pixar」が準決勝に駒を進めました。


12月13日(木) 準決勝・決勝

12月13日(木)に準決勝戦、決勝戦が行われました。

A組は、準決勝で「百花繚乱」「Acropolis」が勝ち上がり、決勝へ。
決勝では「百花繚乱」チームが見事、勝利を収め優勝しました。

B組は、準決勝で「Blue Bird」「Team Pixar」が勝ち上がり、決勝へ。
決勝では「Team Pixar」が見事、勝利を収め優勝しました。

優勝した「百花繚乱」「Team Pixar」の皆さん、おめてどうございます。
そして、中高一貫高校1年生の皆さん、お疲れ様でした。


ディベートコンテスト 結果

中高一貫科1年A組

  • 優 勝:百花繚乱
  • 準優勝:Acropolis

グッドディベーター賞

  • 中高一貫科1年A組 豊村 凌佐
  • 中高一貫科1年A組 飯田 紗成

中高一貫科1年B組

  • 優 勝:Team Pixar
  • 準優勝:Blue Bird

グッドディベーター賞

  • 中高一貫科1年B組 梶原 空右河
  • 中高一貫科1年B組 黒田 心温



A組  英語ディベートコンテスト PHOTOギャラリー

予選


準決勝


決勝


表彰・講評


B組  英語ディベートコンテスト PHOTOギャラリー

予選


準決勝


決勝


表彰・講評



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成29年度 英語ディベートコンテスト<中高一貫科高校1年生>

12月12日(火)と14日(木)に2日にわたって、中高一貫科高校1年生による英語ディベートコンテストが行われました。

筑陽学園の中高一貫科では、英語教育の一環として、様々な英語行事を行っています。
この英語ディベートコンテストは、中高一貫高校1年生が取組む英語行事で、コミュニケーション能力と総合的な英語力の向上を目的として行っています。

今年はA組は『 AI Should Be Evolved and Used More. (人工知能の進化と社会進出の是非)』という論題で、B組は『 High School Students Should Wear School Uniforms. (高校生は制服を着るべきである)』という論題で英語ディベートコンテストが行われました。

英語ディベートコンテストの概要

【A組の論題】
『 The Death Penalty Should Be Abolished.
(死刑制度を廃止すべきである。)』


【B組の論題】
『 High School Students Should Wear School Uniforms.
(高校生は制服を着るべきである)』

【対戦方法】

A組・B組で、それぞれ優勝・準優勝を決定します。

各チームはA組は4人~5人、B組は、6人〜7人で構成し対戦の組み合わせは事前に抽選で決定する。
対戦は1ラウンド18分とし、対戦形式は次のとおりです。

【対戦形式】

  • (Yes側の) 立論 Constructive Speech 2分 
  • (No 側の) 反駁 Rebuttal (Attack) 2分 
  • (No 側の) 立論 Constructive Speech 2分 
  • (Yes側の) 反駁 Rebuttal (Attack) 2分
  • 作戦タイム 5分 
  • Free battle 3分 
  • Refrection time(まとめ) 2分 

計 18分

【審査】

次の項目に視点をおいて審査が行われます。

  • 分析:トピックスに対する分析が優れていたか。
  • わかりやすさ:相手にとって理解しやすい表現であったか。
  • 攻撃:相手の議論に対して有効な質問、又は反駁をしたか。
  • 話術:説得ある話し方、まとめ方、説明をしたか。
  • 首尾一貫性:攻撃を受けても、話のかみ合う議論をする余裕があり、かつ自説に首尾一貫性を持たせられたか。

チームの紹介

中高一貫科1年A組

  • alone NY
  • God Father
  • HA2CKer
  • 卍たはらフレンズ卍
  • fifteens
  • KOKESHI

中高一貫科1年B組

  • SMILE
  • ROUND 7
  • SUZU
  • 四代目 J Soul ウッディーズ
  • O☆KU☆BA
  • Team PURIPOKO

A組、B組とも6チームでディベートコンテストが行われました。
審査は、英語科の教員と外国語指導助手のネイティブの先生および生徒で審査され、ジャッジの多いチームが勝利となります。

12月12日(火) 予選

12月12日(火)は、予選が行われA組は、「God Father」「卍たはらフレンズ卍」「alone NY」「KOKESHI」が準決勝に駒を進めました。
B組は「SMILE」「Team PURIPOKO」「ROUND 7」「四代目 J Soul ウッディーズ」が準決勝に駒を進めました。

12月15日(木) 準決勝・決勝

12月15日(木)に準決勝戦、決勝戦が行われました。

A組は、準決勝で「God Father」「KOKESHI」がが勝ち上がり、決勝へ。
決勝では「KOKESHI」チームが見事、勝利を収め優勝しました。

B組は、準決勝で「SMILE」「四代目 J Soul ウッディーズ」がが勝ち上がり、決勝へ。
決勝では「四代目 J Soul ウッディーズ」が見事、勝利を収め優勝しました。

優勝した「KOKESHI」「四代目 J Soul ウッディーズ」の皆さん、おめてどうございます。
そして、中高一貫高校1年生の皆さん、お疲れ様でした。

ディベートコンテスト 結果

中高一貫科1年A組

  • 優 勝:KOKESHI
  • 準優勝:God Father

中高一貫科1年B組

  • 優 勝:四代目 J Soul ウッディーズ
  • 準優勝:SMILE

A組  英語ディベートコンテスト PHOTOギャラリー

予選


準決勝


決勝


B組  英語ディベートコンテスト PHOTOギャラリー

予選


準決勝


決勝



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > 中高一貫科

Search
Feeds
Meta

Return to page top