Home > 筑陽学園 Archive

筑陽学園 Archive

令和元年度 グラウンド朝礼<6月17日>

今朝は、グラウンド朝礼が行われました。
グラウンド朝礼は避難訓練も兼ねており、「押さない」「走らない」「しゃべらない」「戻らない」を守り、迅速にグラウンドに集合しました。


朝礼

朝礼では校長先生より、前回よりも20秒近く早く集合できたこと。集団行動で大切なのは、全員が揃うということを再確認しました。
そして、日々の生活の中で、マナーの悪い自動車運転、自転車の乗り方など危機がたくさんあります。危機管理を意識しながら、自分自身の安全を守って下さい。
とお話がありました。


危険を意識しながら生活するとは、生活する上で重要なことです。
皆さんも常に危機管理を意識しながら、学校生活を過ごしてください。



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

令和元年度 創立記念式・創立記念講演

5月31日(金)に本校の創立記念式および記念講演が行われました。
創立記念式に先立ち、まずは校内放送で本校の歴史を綴った映像が放映され、全校で筑陽学園の歴史を振り返りました。


創立記念式

創立記念式では、校長先生より、校訓「人を愛し ひとに愛される人間」について詳しく説明がありました。
この校訓を実現するために情操教育を理想にし、校歌に真善美が織り込まれていますとお話がありました。
また、創立80周年を迎えた時に、「自らを学び、失敗から学び、自然の本質から学ぶ」というスローガンをかかげ、それから毎年テーマを掲げてきました。
今年のテーマは「Breakthrough!(難関突破)」です。
皆さんに、いろんな面で頑張って難関を突破してほしいとい気持ちが込められています。と式辞がありました。


創立記念講演

引き続き、記念講演が行わました。
『 新しい御代「令和」と太宰府 』と題して、本校ともゆかりの深い元号になった令和と太宰府について、森弘子先生に講演をして頂きました。
記念講演では、令和の典拠となった万葉集の中の梅花の詩32詩の序文の解説や梅花の宴を開いた大伴旅人について。
万葉集の編纂をした大伴家持、そして万葉集が中国の文化と日本の文化を融和した和歌集であることなど、「令和」の典拠になる万葉集について分かりやすく解説がありました。
また、梅花の宴を開いた大伴旅人の屋敷がどこにあったのか、3つ説の解説があり、その一つに本校のすぐ近くにあることを地図を照らし合わせなが解説がありました。
合わせて、当時の太宰府の役割など歴史的にも重要な場所に筑陽学園あることをお話していただきました。

最後に、元号の意味すること令和への意味するものを確認して、講演を締めくくりました。

元号の意味するもの

  • 西暦は全体のページ
  • 元号は章
  • 元号は文化
  • 令和は英訳ではBeautiful Harmony(美しい調和)
  • 形が整って令しい
  • 令(うるわしい)にはもっと深い意味が
  • 令しい和の精神を世界に広めていく(中西進氏)
  • 元号は新しい時代の目標となる価値観

講演後は、生徒会長よりお礼の挨拶、中学校生徒会長より花束の贈呈が行われました。
森先生、ありがとうございました。
筑陽学園ともゆかりの深い元号になった令和と太宰府について、詳しく解説していただき、生徒たちも、さらに地元太宰府への興味・関心を持てたことと思います。
また、そんな歴史的な街にある筑陽学園を誇りの思えたことと思います。



講師紹介

森 弘子

京都女子大学文学部卒
卒業と同時に太宰府天満宮文化研究所研究員となる
九州大学にて博士(人間環境学)号取得
(財)古都大宰府保存協会文化部長・事務局長、太宰府市教育委員、太宰府市史編集委員などを経て、現在、学校法人筑陽学園評議委員、福岡県文化財保護審査会委員など県下自治体の文化財保護行政と歴史まちづくりに携わる
【主な著書】
太宰府発見 – 歴史と万葉の旅(海鳥社)
さいふまいり(海鳥社)
西高辻進貞 – わがいのち火群ともえて(太宰府天満宮)
宝満山歴史散歩(葦書房)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

令和年度 ブロック集会・応援練習

5月27日(月)の放課後にブロック集会が行われました。
このブロック集会は、9月に行われる体育大会に向けての集会です。
本校の体育大会は、中学校と高校合同で行われ、全体を「赤」「青」「黄」「白」と4つのブロックに分かれて競技します。

ブロック集会はグラウンドで予定されていましたが雨が予想されたので、急遽、校内TV放送で行われました。
ブロック集会では、体育委員長やブロック長など各長の紹介がありました。


ブロック集会に引き続き、1年生と2年生は、応援練習が体育館で行われました。
応援練習では、校歌の練習が行われ、しっかり声が出るまで、何回か練習しました。
3番が少し声の出が悪かったので、最後に3番だけを練習し応援練習を締めくくりました。


筑陽生の皆さん、ブロック集会・応援練習、お疲れ様でした。
応援練習では、しっかり声が出ていて素晴らしかったと思います。

ブロック集会


応援練習



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

令和元年度 授業参観・後援会総会

5月16日(木)の午後から、授業参観・後援会総会・学級懇談会が行われました。

授業参観

12時05分から全校一斉に各クラスで授業参観が行われました。
たくさんの保護者の方に来校していただき、筑陽学園の雰囲気や授業の様子などを見ていただきました。



後援会総会・学級懇談会

保護者の皆様には、参観に引き続き、体育館に移動して後援会総会に参加していただきました。
後援会総会では、後援会費、部活動後援費の決算・予算の審議が行われました。
そして、今年度新後援会役員の紹介、学校運営協議会委員の紹介がありました。

後援会総会の後、1・2年生の保護者の皆様には、各クラスで学級担任を中心に学級懇談に参加していただきました。
3年生の保護者の皆様には、学年会に参加していただきました。



保護者の皆様、お忙しい中ご来校頂きありがとうございました。
今後とも本校の教育活動に、ご理解とご協力を頂きますようにお願い致します。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

令和元年度 グラウンド朝礼<5月13日>

今朝は、グラウンド朝礼が行われました。
グラウンド朝礼は避難訓練も兼ねており、「押さない」「走らない」「しゃべらない」「戻らない」を守り、迅速にグラウンドに集合しました。

朝礼に先立ち、表彰伝達が行われました。

表彰伝達

女子テニス部

福岡県高等学校総合体育大会テニス選手権大会中部ブロック予選

女子シングルス

  • 第3位 普通科3年7組 香川 涼

女子団体

 第3位

女子バレー部

全九州・全国高等学校総合体育大会中部ブロック予選会

 準優勝

放送部

平成31年度 福岡県高校放送コンテスト福岡地区大会

朗読の部

  • 入選 普通科2年6組 泉田 菜緒

朝礼

朝礼では校長先生より、

全校朝礼は避難区連も兼ねています。
全員がこの場に揃うことが非常に重要です。一人でも揃わなければ、全員が次の行動に動けません。
数年前に本校の中学3年生がニュージーランド語学研修中に地震に遭遇しました。
その時、5分前集合が徹底されており、無事帰国することができたということがあります。
集団というのは、一人でも揃っていなければ、次の行動に移せません。
こうした全校朝礼などで集団行動を学んでください。勉強だけではなく、一つの集団の中でルールを守るかということが重要です。
人の命に関わることだと意識して、しっかり身につけてください。

とお話がありました。


集団生活や集団行動では、時間を守り、全員が揃うことが大切なことです。
このことは、災害時の避難の時だけではなく、社会で生きてく上でも重要なことです。
常に、そうしたことを意識して学園生活を過ごしてください。




  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成31年度 防災教室

4月17日(水)のロングホームルームの時間に、全校で防災教室が行われました。
防災教室では、まず、ビデオが校内で放映され、事故が起きたとの対応やAEDの使い方等を学びました。

その後、避難訓練が行われました。

生徒たちも迅速に行動し、グラウンドへの避難、すぐさま点呼をとり全員の避難が完了しました。

避難訓練後に、中学校長先生と筑紫野太宰府消防本部の方から講評をいただきました。


集団行動をしっかり身に付け安全で充実した学園生活を過ごして下さい。





  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成31年度 第1学期 始業式

4月8日に、平成31年度 第1学期の始業式が中学と高校合同で行われました。
始業式に先立ち、12名の新任の先生方の紹介と表彰伝達がありました。

新任先生方の紹介

新任の先生を代表して、斉木先生より

生徒、皆が楽しく素晴らしい学生生活を送れるよう努力して参りますので、これからよろしくお願いします。

と挨拶がありました。


表彰伝達

第46回九州ジュニアテニス選手権大会福岡県予選大会

男子シングルス(18才以下)

  • 準優勝:中高一貫2年B組 本嶋 風太

男子ダブルス(18才以下)

  • 優 勝:中高一貫2年B組 本嶋 風太 / 中高一貫2年B組 梁瀬 大輔

第17回九州中学生新人テニス大会 福岡県代表 筑陽学園中学校

男子団体

第3位

  • 中学2年B組 佐久間 大海
  • 中学3年A組 江口 由宇斗
  • 中学3年A組 近藤 海人
  • 中学3年B組 山口 世峰
  • 中学3年B組 吉村 昌哉

平成31年度 第1学期 始業式

始業式では、校長先生より、

今年はいいことが2つありました。
一つは、センバツ大会に出場しベスト8になったこと。
これは、野球部の活躍だけでなく、応援に駆けつけた吹奏楽部や応援リーダー部<チア>など学校全体で勝ち抜いて行ったということだと思います。
また今年のテーマは「Breakthrough 難関突破」です。野球部の横断幕にも「難関突破」と入れてセンバツに臨みました。
もう一つは、新年号の「令和」です。太宰府で梅の花を見る宴を開いて、その中の序文の中に出てくる文章から「令和」とする。
本校の校章は梅です。そういう意味でいい縁があるのではないかと思います。
ぜひ、今年度が学校にとっても、生徒皆さんにとっても、すべてが良くなるように、お互いに頑張っていきましょう。

とお話がありました。


最後に、全員で大きな声で校歌斉唱し、始業式を締めくくりました。


引き続き、センバツ初出場でベスト8の成績を収めた硬式野球部主将の江原くんより

理事長先生をはじめとする先生方、また自分たち硬式野球部を応援して下さった生徒の皆さん、たくさんのご声援ありがとうございました。
皆さんの声援のおかげで、自分たち硬式野球部は甲子園ベスト8まで勝ち進むことができました。
甲子園で得た経験を活かし、また甲子園で出た課題を克服し、また夏に甲子園に帰って来れるように全員で一から頑張っていきます。
また、自分たち硬式野球部は、いろんな場面で皆さんに支えていただきました。
学校生活の中で自分たち硬式野球部も皆さんに恩返しができるように、いろいろ取り組んでいきますので、よろしくお願いします。
本当にありがとうございました。

とセンバツ大会の報告と感謝の挨拶がありました。


新しい年度を迎えました。5月より新しい年号「令和」になります。
夢や目標に向かって、楽しく充実した1年にしていきましょう!




  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成30年度 第23回文化講演会

12月1日(土)に、第23回文化講演会が行われました。

この文化講演会は、地域に根ざした「開かれた学園」を目指し、平成8年度より毎年、開催しています。
本校生徒をはじめ地域の方々や保護者の皆様を対象し各方面で活躍されている方を講師としてお迎えして講演していただいています。

「筑紫書体開発デザイン」講師:藤田 重信 氏

今年度は、「筑紫書体開発デザイン」と題して、本校の卒業生でもあるフォントデザイナーの藤田 重信先生をお迎えして講演していただきました。
藤田先生は、現在、福岡市にあるフォントワークス株式会社でフォントデザイナーとして、数々のフォントを開発し活躍されています。

講演

講演では、まず、藤田先生より自己紹介・経歴の紹介がありました。
続いて、皆んなで、藤田先生が用意していただいた書体(フォント)の違う文章を読み、読み心地などを皆んなで確認してみました。
読みやすい書体、印象に残る書体、嫌いな書体、好きな書体など自分の思う書体を選んで挙手をし、その場で確認してみました。

同じ明朝体でも、メーカーによって、かなりの違いがあることが理解できました。

その上で、藤田先生が開発された筑紫明朝など様々な書体(フォント)の開発の経緯や他の明朝体との違いなど解説があり、藤田先生の書体(フォント)へのこだわりを聞くことができました。

文章の読みやすさや、書体(フォント)の持つイメージなど、様々なことを考えられて書体(フォント)を開発していることが分かりました。
また、書体(フォント)が文章を読む上でどれだけ影響しているのかということも理解することができました。

藤田先生、貴重なお話をありがとうございました。
デザイン科の生徒たちもたくさん参加していましたので、書体(フォント)のお話もそうですがデザインに対する考え方なども大変、勉強になったことと思います。
ありがとうございました。



講師紹介:藤田 重信 氏(フォントワークス株式会社

 

1957年福岡県生まれ。
筑陽学園高校デザイン科卒。
1975年、写真植字機の株式会社写研文字デザイン部門に入社、1998年、フォントワークス株式会社に入社し筑紫書体ほか数多くの書体開発をする。

「筑紫オールド明朝」「筑紫丸ゴシック」で2010東京TDC賞を受賞。BOOKデザイナー、グラフィックデザイナー必達書体となる。最新の書体、筑紫アンティークシリーズは伝統的な明朝体・ゴシック体に新しい息吹を加えたデザインで、見る者に新鮮な感覚をあたえ、筑紫書体の支持をさらに高めている。

2016年、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演。また 「フォントワークスUDフォント」がIAUDアウォード2016 銀賞を受賞。著書に「文字のデザイン・書体のフシギ」。

「筑紫オールドゴシック-B」「筑紫アンティークゴシック-B」「筑紫アンティーク明朝-L」「筑紫Q明朝-L」「筑紫Aヴィンテージ明朝-R」「筑紫Bヴィンテージ明朝-R」で【東京TDC賞2018 タイプデザイン賞】を受賞。

引用:藤田 重信|フォントデザイナー| フォントワークス より



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成30年度 筑陽学園 体育大会<集団演技[高校]>

9月6日(木)に、行われた体育大会の模様をお届けします。

体育大会テーマ

勇気凛凜


【18】僕たちは筑陽学園に恋をする <集団演技[高校]>


青ブロック「創造と破壊」


黄ブロック「天変地異」


赤ブロック「狂喜乱舞」


白ブロック「雲中白鶴」



平成30年度 体育大会 記事一覧



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成30年度 筑陽学園 体育大会<障害物競走>

9月6日(木)に、行われた体育大会の模様をお届けします。

体育大会テーマ

勇気凛凜


【17】Never give up <障害物競走>




平成30年度 体育大会 記事一覧



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > 筑陽学園 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top