Home > Archives > 2013-02

2013-02

F1-2 神野くん西日本スノーボードアルペン選手権大会で回転・大回転高校男子で第2位!

こんにちは。

平成25年2月4日から2月6日まで行われ西日本スノーボードアルペン選手権大会にて
普通科1年2組神野友太郎くんが回転及び大回転高校男子で第2位となりました。


F1-2 神野くん西日本スノーボードアルペン選手権大会で回転・大回転高校男子で第2位!


2013.01.20 Yutaro free carving in Mt.Tenzan

この結果を受けて、3月29日から開催される全国スノーボードアルペン選手権大会に出場が決定しました。
そこで、神野くんにスノーボードの経歴や日頃の練習のこと、全国大会に向けての意気込みなどをインタビューしました。


神野友太郎くんへインタビュー

Q1:スノーボードをはじめたキッカケは?

スノーボードをしていた父に連れられて。

Q2:スノーボードの経歴(成績等)を教えてください。

小学2年生から始めました。
小学3年生の時に、全日本スノーボードアルペン選手権大会に出場。小学校低学年第1位(他にいなかった)
中学2年生の時に、全日本スノーボードアルペン選手権大会に出場。中学生で第3位になりました。

Q3:どこで、どのような練習をしていますか?

昨シーズンは、佐賀の天山スキー場で週5日練習をしていました。
今シーズンから、特別進学Sクラスなので、勉強を中心にして、週1日程です。

Q4:夏などシーズンオフには、どのような練習を行なっていますか?

昨シーズンまでは、筋力トレーニングをしていましたが、今シーズンから勉強を中心にしているのでほとんどしていません。

Q5:思い出に残っている試合はありますか?

”雨”の中での西日本選手権や吹雪の中での全日本ジュニア選手権大会など厳しい天候での大会。

Q6:西日本スノーボードアルペン選手権大会に向けて取り組んだことはありますか?

勉強と両立させたかったので、1回1回を集中して必死に練習しました。

Q7:改めて西日本スノーボードアルペン選手権大会の感想をお願いします。

雨と霧で練習がうまく進まず、不安な点もありましたが、結果を残せて良かったです。

Q8:3月29日からの全国スノーボードアルペン選手権大会への意気込みをお願いします。

すでに、プロになっている選手もいるので、彼らと互角に渡り合えるように頑張りたいと思います。

Q9:目標とする選手やライバルはいますか?

西日本選手権で負けた、藤本選手に、全日本ジュニア選手権大会でもう一度勝負をしたいです。

Q10:最後に次の目標と将来の夢を聞かせて下さい。

次の目標

学業との両立を継続させること。

将来の夢

バンクーバーオリンピックで大雨の中優勝したカナダのJCアンダーソン選手のように、厳しい気象条件の中でも負けない強い選手になること。



神野くん、全国大会出場おめでとうございます。
そして、インタビューありがとうございました。
インタビューの中にもありましたが、勉強にスノーボードに文武両道で、これからも頑張ってください。
全国大会、応援しています!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

作文集の装丁が変わりました。

2月1日、筑陽学園作文コンクールの文集18冊目が出来ました。この作文集は平成7年から実施している作文コンクールの今年度の受賞作をまとめ、受賞者や学校関係者に配布しているものです。
本校が創立90周年を迎えるにあたり、今年から作文集の装丁が変わり新書版になりました。デザインも一新され、書店にある様な156ページの素晴らしい作文集です。手に取って読んで頂き、手元に置いて頂きたいとの思いからこのサイズになりました。

今年度の18回筑陽学園作文コンクールは「自分らしく Be yorself」をテーマに中学校215点、高校1485点の計1700点の生徒作品が提出されました。
「自分らしく」というテーマについて作文を書くことは、生徒自身が「自分らしく生きる」ということを深く考える機会になったのではないかと思います。
提出された作文は、各学級担任が予備審査を行い、本審査を経て中学校長、高校校長による最終審査がありました。

1700点の作文から学校長賞をはじめ優秀賞、入選の各賞が選ばれ、11月1日アクロス福岡・福岡シンフォニーホールでの文化行事表彰式で学校長賞(高校・中学)の作文の朗読と、表彰が行われました。

本校の文化行事は作文コンクールと一般の方を含めた写真展や文化講演会等を行なっています。こうした行事により生徒の意識を高め、地域の方々との文化を通して交流を深めたいと思います。そして来年度も優れた作文が寄せられ、またこの作文集を手にしたいと思います。



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成24年度 海外語学研修旅行<1週間経過>

こんにちは。

2月9日に出発した中学3年生の海外語学研修旅行、1週間が経過しました。
語学研修も順調に進んでいるようです。

残りの時間も積極的に活動して、充実した語学研修にして下さい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

デザイン科2年生 課題「自画像デッサン」

 毎年、デザイン科2年生素描Aパートの授業において3学期になると自画像デッサンに取り組みます。1学期と夏休みに石膏デッサン、2学期に静物デッサンに取り組み、やや腕が上がったところで「自分の顔」に挑戦です。
 毎日見ている自分の顔ですが、自画像となるとなかなか難しいものです。主観を捨て、冷静に客観的に鏡を観察しながらリアリティを追求します。時々顔を触りながら骨格の形や筋肉の付き方などを確認しつつ描写を続けます。
 今年は1月9日からスタート。2月18日の時点で20時間弱の制作時間です。一見完成しているように見えますが、細部はまだまだ。期末考査を挟んで2月22日〆切にむけてラストスパートです。
 これからもトレーニングを続け、現在20時間以上かかる制作時間を1年後には5時間程度にまで縮めて行きます。きちんと取り組めば美大の入試実技にも対処できます。今年の2年生はなかなかのレベル。1年後が楽しみです。        
デザイン科主任 岡元健

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

H24年度 部活動奨学生の卒業報告会がありました。


部活動奨学生が卒業を前に学校への感謝の心を表す卒業報告会が行われました。

まず、校長先生から大変だった3年間の活動への労いと、自分らしく他に惑わされない様にと、励ましの言葉がありました。
続いて野球部の安枝遼君が生徒を代表して、「部活動をやってこられたのは学校や先生方、友人、保護者のお蔭です。ありがとうございました。」との感謝の言葉がありました。
次にサッカー部の加藤駿祐君が校長先生に記念品贈呈をし、女子バレー部の柴田萌加さんが花束を贈呈し、報告会が終わりました。

最後に3年間お世話になった部活顧問の先生方へ「ありがとうございました!」と一斉に挨拶がありました。3年間を終え、ほっとした表情が残る報告会でした。

もうすぐ卒業式、そして春が来ます。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

高校3年生お別れ会が行われました。

本日は、高校3年生を送る「お別れ会」がテレビによる校内放送で行われました。

教室のテレビには生徒会と放送部が制作した在校生・先生方からのビデオレターが流されました。教室では、笑顔が絶えませんでした。

在校生代表の古賀さん言葉の後、前生徒会長の卒業生代表の言葉がありました。最後に在校生から卒業生への記念品贈呈がありました。

3年生の皆さん卒業式まで後2週間弱です。
残り少ない高校生活をしっかり過ごしてもらいたいと思います。

そして、まだ受験が終わっていない生徒たちも、
最後までがんばって下さい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

『2012シドニーユースオリンピックフェスティバル』出場の後藤滉平君にインタビュー!

2013年1月17日~1月20日にかけて

オーストラリアのシドニーで行われました、

『2012シドニーユースオリンピックフェスティバル』に、

当校、水泳部の後藤滉平君(普通科2年)が

男子平泳ぎ日本代表選手として出場しました。

結果は、下記の通りで素晴らしい成績をあげました。

後藤滉平君にインタビューをしましたのでご覧ください!


[男子100m平泳ぎ]
予選 1:02.73 1位
本選 1:02.23 1位




Q. 海外での試合は初めてですか?

2回目です。


Q. AYOFは、どんな大会ですか?


17歳以下の選手のみで行われるオリンピックです。



Q. AYOFに向けて何か特別に取り組んだ事はありますか?


A. 「いつも通り」をこころがけました。



Q. 国際試合と国内試合の違いがあったら教えてください。


A. 言語は勿論、スタート台、タッチ板、招集の方法などがあります。



Q. 外国人選手とどのような交流がありましたか?

その時は、うまくコミュニケーションがとれましたか?


A. 他国の選手とシャツやリストバンド等を

 交換するようなことがあり、何とか会話できました。



Q. AYOFで何か得るものがありましたか?


A. 食事や宿泊先等、いつもと違う状況、厳しい環境で、

 結果を出すことの難しさを知る事ができました。



Q. 事前合宿を含め、AYOFの感想を聞かせてください。


A. 事前合宿からライバル達と過ごし、彼らの生活や練習の様子を見て、

 自分の水泳に対する姿勢を見直す事ができました。



Q. 次の目標と将来の夢を聞かせてください。


A. インターハイでの優勝です。






これからも、怪我や病気のないように、

練習や勉強に頑張って貰いたいと思います。



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成24年度 海外語学研修旅行 結団式

こんにちは。

今日は、明日、出発する海外語学研修旅行の結団式が行われました。
明日2月9日(土)から3月3日(日)までの23日間の研修になります。
昨年に引き続き今年度もオーストラリアでの語学研修になっています。

この語学研修は、筑陽学園中学校での学習の集大成として位置付けられています。

結団式では、校長先生より「団体行動では、人の話しをよく聞くこと。そして積極的にいろんなことに取組んで楽しい語学研修にして下さい。」と挨拶がありました。

そして、生徒を代表して3年B組の三重野百恵さんが「事前研修で学んだことや3年間学んできたことを活かし、助けあって楽しい語学研修にします。」と語学研修に対する決意表明をしました。

中学3年生の皆さん、オーストラリアでの23日間は、人生の中でも、大きな経験と思い出になることと思います。
体調や事故には、充分注意して、積極的に勉強や活動に取組んで、楽しい語学研修にして下さい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

平成25年度 高校前期入試が行われました。

1月22日の専願入学試験に引き続き、今日は高校の前期入学試験が行われました。

各中学から集まった受験生たちは、朝早くから緊張した面持ちで、校内に入っていました。

どんより曇った空からの雨が心配されましたが、幸い順調に日程は進みました。


テレビによる教頭先生の挨拶と説明がありました。試験開始までの時間は、受験生たちはじっと目を閉じたり、緊張した面持ちが横顔から伝わりました。

午前中は国語、英語、数学の3教科。昼休みをはさんで、普通科(特進S・特進・進学)は社会と理科、デザイン科は実技の試験がありました。

本校の生徒も数多く登校し、受験生の案内や試験場での補助として手伝ってくれました。ありがとうございました。


試験が終わり受験生が外に出ると雨が降りはじめました。一斉に傘が開き、玄関前が花畑のようなでした。試験がやっと終わり、“受験生の顔”から“中学生の顔”へと変えながら帰途についていました。

受験生の皆さん、今日は大変お疲れ様でした。4月の入学式でお会いできることを楽しみにしたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2013-02

Search
Feeds
Meta

Return to page top