Home > 筑陽学園高等学校 > 平成26年 デザイン科3年生10名がHIBINO CUP FUKUOKA 2014に参加

平成26年 デザイン科3年生10名がHIBINO CUP FUKUOKA 2014に参加

5月24日(土)に、デザイン科3年生10名がHIBINO CUP FUKUOKA 2014に参加しました。

HIBINO CUP FUKUOKAとは
アーティスト日比野克彦氏が監修するイベント。
参加者が段ボールでゴールを、エアパッキンでボールを作成し、サッカーの試合をします。
さらに、それぞれのチームのイメージカラーを用いてオリジナルユニフォームを作成し、アートとスポーツが融合した
イベントです。


参加したのは、デザイン科3年生の

  • 中田 響
  • 山﨑 優駿
  • 吉川 哲人
  • 石野 まどか
  • 古賀 嵩章
  • 田中 日菜子
  • 田中 璃紗子
  • 禪院 千賀
  • 中野 伶実
  • 松本 麻衣

の10名で『チームポテト』としてエントリーしました。


ワークショップ

午前中は、ワークショップでサッカーゴール、ボール、ユニフォームの作成です。


サッカーゴール&ボール作成

コンセプトは「日本とブラジル」
スケッチブックにラフを描きアイディアをまとめていきました。
ラフをもとに、段ボールに下書き、色を付けていきました。

ボールはエアパッキンをガムテープで丸めて作りました。

ユニホーム作成

ユニフォームの作成は、事前に学校でシルクスクリーンの版を作成し、当日、現地でTシャツにプリントしました。



HIBINO CUP FUKUOKA 2014

午後から、HIBINO CUP FUKUOKA 2014が開催され、予選リーグ、決勝リーグと行われました。
本校デザイン科の試合では上位には、チームポテトは準々決勝で、優勝したアビスパチームに負けました。
上位には、残れなかったものの総合的なパフォーマンスが評価され最高賞の「ASIA賞」を受賞しました。

表彰式後に、手作りユニフォームに日比野さんのサインまでいただきました。



デザイン科の皆さん、お疲れ様でした。
「ASIA賞」おめでとうございます。
みんなで協力して、一つのものを作り上げるということは、なかなか経験できないことと思います。
この経験をこれからの作品や課題制作に活かしていって下さい。

こちらも合わせてご覧下さい。

Home > 筑陽学園高等学校 > 平成26年 デザイン科3年生10名がHIBINO CUP FUKUOKA 2014に参加

Search
Feeds
Meta

Return to page top