Home > 卒業生 > 活躍する卒業生~女流写真家、瀧澤明子さん~

活躍する卒業生~女流写真家、瀧澤明子さん~

本校デザイン科出身の女流写真家、瀧澤明子さん(ロンドン在住)が第19回「HSBC写真賞」を受賞しました。
このコンテストはHSBCホールディングス(ロンドン)が主催する歴史ある国際写真コンテストで、若手写真家の登竜門といわれています。毎年多くのアーティストの応募があり、10名が最終選考者としてノミネートされ、滝沢さんが2名のグランプリの1人に選ばれました。日本人の受賞は過去2人目です。


 

瀧澤さんの10点の応募作品は、福岡市にあった解体直前の祖父母の家、両親が暮らす山形県の家、青森県の霊場恐山で撮ったもの。これらの写真を京都の著名なコロタイプ工房とタイアップし、和紙を使用した漆黒のイメージを古典技法「コロタイプ」で表現しています。

『150年前、フランスでこの技法が生み出され、写真印刷のビジネスとして継承している工房は、もはや日本の京都だけになってしまった』

と瀧澤さんは語ります。


2014年2月の授賞式、写真展、作品集出版。3月、ベルギーでの写真展の招待出品。
4月KYOTO GRAPHIE国際写真フェステイバル。フランスの出版社より出版、展示会。7月アルル・ロレーヌ・ロンドンと多忙な日々が続きます。

本校卒業後、銅版画をやりたくて英国プリストル大学美術学科へ、そして卒業後英王立美術大学に通い修士号を取得。10年前より写真を本格化させ、多くの作品を制作し今回の受賞に至ったそうです。在学中、担任をされていた新田覚二郎先生は

『瀧澤さんは何にでも興味を持ち、物怖じをせず、努力の積み重ねる性格がこのような受賞に繋がったのではないか』

と語っています。


今後、益々のご活躍を期待しています。



こちらも合わせてご覧下さい。

Home > 卒業生 > 活躍する卒業生~女流写真家、瀧澤明子さん~

Search
Feeds
Meta

Return to page top